2020年8月17日 New!
柴本礼さんのブログから

ホームページに柴本 礼さんの「日々コウジ中」と言うブログがあります。
http://hibikoujichu.blog.jp

許可なくそのまま転載したら叱られるかもしれませんが
『私の夫は高次脳機能障害です』という本が出版されたという記事が出てたので
勝手におしらせします。柴本さん、すいません(汗

(以下ブログの転載)

本『私の夫は高次脳機能障害です』のご紹介。流星
http://hibikoujichu.blog.jp/archives/32944806.html

昨夜の東京の空は薄い雲がかかっていて、星が少し見えるか見えないか、という流星観測には悪いコンディションでした。

11時半くらいまでは、時々ベランダに出て空を見上げていたのですが、なにしろ蒸し暑くて、お風呂に入った後なのに汗ばんできて、流星を見つけるのを諦めたんです。
でも、やっぱり諦めきれなくて、零時半くらいに外にまたベランダに出て空を見た途端、流れました!

南東の空には火星がまたたいていたのですが、その火星と同じ位オレンジ色のまぶしい流星が、スッと流れたのです。
ああ、感動。きれいだなあ。でも一瞬だったので、何もお願いできずじまいでした。

見ると東の空からオレンジ色の下弦の月が上ってきていて、いつのまにか湿度も下がり気持ちのいい夜になっていました。

で、1つ見られたので満足して寝たのでした。
夜空を見上げている時、そばにずっとくっついていた猫のチーも、同じく安心したのか、また私にくっついて寝ました。かわいい。

さて、お知らせです。
本が出ました!
タイトルはズバリ、『私の夫は高次脳機能障害です ~本人・家族がおだやかに暮らすための妻たちの知恵 夫の行動研究から~』で、医歯薬出版株式会社から2200円+税です。
https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=237450

目次
第1章 高次脳機能障害のこと
第2章 夫の受傷からずっと走り続けている妻たち
第3章 夫とおだやかに暮らす知恵 夫の行動研究から
第4章 ケアする人をケアする 妻の会から「ポロミナ」へ
第5章 家族支援のかたち

※詳細目次
https://www.ishiyaku.co.jp/search/details_1.aspx?cid=1&bookcode=237450

編者は脳損傷友の会コロポックルで、長年妻の会代表をされてこられた薮中弘美さんと、「ポロミナ編集部」。 妻の会が「ポロミナ」になったのですが、「ポロミナ」の意味は、大いに笑う、ということだそうです。いいですね!
ちなみに薮中さんも、コウジ村に入って下さっています。

監修は、旭川医科大学名誉教授の奥宮暁子先生です。奥宮先生は現在は東京在住で(多分)、品川区の家族会に関わって下さったり、東京工科大ご勤務時代には、講師として私を2回招いて下さった、よく存じ上げている先生です。

内容は、これまで「ポロミナ」で受けた事例相談とそれへの対応を、専門家のアドバイスとともにまとめた本です。渡邊修先生も執筆されています。

そして私も4ページの文章と、1ページのイラストを書かせて(描かせて)頂いています。

充実した内容で、共感すること、勉強になること満載です。
是非お読み下さいね!